悪性発症の可能性を摘むためのほくろ除去|美容家必見の美容情報

女性

たるみやすい人

ナース

ほうれい線は肌がたるむのが原因で出来ます。丸顔の人やダイエットを繰り返した人、余り固い物を食べない人は肌がたるみやすいのでほうれい線も出来やすくなります。改善するにはサーマクールやフォトフェイシャル、ヒアルロン酸注入などが効果があります。

詳細を読む

顔のほくろを取るには

笑顔の女性

ほくろ除去といえば女性が審美目的で行うものと思われることも多いのですが、むしろ男性にこそ真剣に考えてもらいたい治療の一つでもあります。ほくろは皮膚のどこにでもできるため顔にも比較的よくできます。このほくろは医学的には母斑と呼ばれる良性細胞で、紫外線による影響や度重なる刺激によって皮膚内部のメラニン色素が集まることでできると考えられています。ほくろができること自体は肌が体を守るための仕組みなので心配はありません。しかし一方でほくろにはメラノーマと呼ばれる悪性のほくろも存在します。このメラノーマは皮膚にできるガンの一種で進行速度が速いことや治療が遅れると極めて死亡率が高い恐ろしい皮膚疾患の一つです。このメラノーマは珍しい病気ではありますが、ホクロに刺激を続けることで発症リスクが有意に高まることが様々な研究からも明らかとなっています。

男性の場合はヒゲをそるので顔にできたほくろは除去しておくことがおすすめです。毎日のヒゲソリによるほくろへの刺激はメラノーマへのリスクを高めます。そのため予防的に顔にあるほくろは除去しておくことがすすめられるのです。このほくろ除去は皮膚科や美容外科で行うことができますが、千葉では審美面からトータルで施術を行っている美容外科が人気となっています。千葉の美容外科ならメスによる切開手術をはじめ炭酸ガスレーザーを使用したホクロ除去や特殊な美容クリームによるほくろ除去など様々な治療法がそろっています。そのためほくろの状態に合わせて様々な治療方法を選択することも可能です。また女性が利用することの多い美容外科への通院に抵抗を感じる男性も多いですが、千葉の美容外科では患者のプライバシーへの配慮から患者同士が顔を合わせることが無いように様々な工夫を行っているので男性でも気軽に利用することができます。男性の方で顔にほくろのある方は千葉の美容外科でほくろ除去を行いましょう。

手術で必要な麻酔

レディ

美容整形による豊胸術には、麻酔が必要とされるケースが多いです。それを担当するのが麻酔科医であり、クリニック選びの一つのポイントになります。また豊胸術の種類によって、使われる麻酔の種類も異なっています。

詳細を読む

肌を健康にできる施術

顔を触るレディ

大阪の美容整形で行われているにきび治療の施術に、フォトフェイシャルがあります。この施術では、肌の表面を綺麗にする効果が期待できるのです。肌のメラニンの改善やトラブルを治療するために有効で、1回あたり20〜30分で施術が完了します。

詳細を読む